MENU

「キーン」耳鳴りの原因(病気)と解消法

「キーン」耳鳴りの原因(病気)とは、どんなことがあるのでしょう。

 

突発性難聴の「キーン」耳鳴り

突発性難聴の耳鳴りとは、その名のとおり極度の聴力の低下が突然起こることです。この場合特徴的なのが、症状が出てくるのが、片側だけであるということです。突発性難聴の場合は発症経験したら、その治療と発症は繰り返さないことが定義としてあります。突発性難聴は現代では、難病指定となっています。

 

メニエール病の「キーン」耳鳴り

メニエール病の耳鳴りとは、突発的に起こりやすくなります。吐き気を感じて、回転性のめまいを繰り返します。その症状と同時に、頭痛や難聴、そして耳鳴りが併発をすることになります。発作的に起こりますので、症状が治まるとケロッとしてしまって、疲労がたまっているのだと、勘違いをすることもあります。

 

急性低音障害型感音難聴の「キーン」耳鳴り

急性低音障害型感音難聴とは、突然起こる感音難聴のことです。それは突発性難聴と同様に、突然起こりますが、障害が起こるのは低音に対してだけです。低い周波数の音は、急性低音障害型感音難聴になると聞こえにくくなります。その症状は、耳に何かが詰まったような感覚にも似ています。治療をして感知をしたとしても、過剰なストレスにさらされたり、疲労感が蓄積をしたら、急性低音障害型感音難聴の醜状は、繰り返して起こりやすくなります。

 

耳管狭窄症の「キーン」耳鳴り

耳管狭窄症の耳鳴りとは、鼻と耳の真ん中あたりに存在をしている、耳管の働きが良くない状態です。自分の話す声がやけに大きく聞こえたり、耳に詰まった感じがしたり、耳鳴りの症状を感じます。症状がひどくなると、めまいを感じることも出てきます。

 

ラムゼイハント症候群の「キーン」耳鳴り

ラムゼイハント症候群とは、帯状疱疹ウイルスが引き減になって発症をする、顔面麻痺の症状です。ラムゼイハント症候群は軽く考えてはいけないのは、症状が悪化するケースが多いためです。治療をしても完全に治る確率は、およそ60%ほどであり、後遺症も残る確率が高いです。

 

バセドウ病の「キーン」耳鳴り

バセドウ病の耳鳴りとは、まるで脈を打つような耳鳴りを感じやすくなります。バセドウ病というのは頻脈なので、脈をうつ音自体が、まるで耳鳴りみたいに聞こえたりします。拍動性の耳鳴りがよく聞こえると感じたら、バセドウ病を疑うことです。拍動性とは違うキーンという鳴り方を感じたら、突発性難聴や、中耳炎や外耳炎の可能性も考えられます。

 

内リンパ水腫の「キーン」耳鳴り

内リンパ水腫の耳鳴りとは、数ある耳の病の中でも、理由が不明なことが多くあります。内リンパ水腫の耳鳴りとは、まずは突発性の難聴を感じやすくなります。突発性難聴を起こすものの、そこから数十年くらいは、特に何も変わらない日々が続きます。ですから内リンパ水腫であることを自覚するまでには、かなり長い年月が過ぎることが多くなります。

 

耳の中にはリンパ液が流れていますが、耳の中でリンパ液が多くなってしまうと、そのまま水膨れ状態になって、内リンパ水腫の発生となります。めまいなどを送り返しやすくなって、次第に難聴なども伴い始めるようになります。肉体的や精神的なストレスも、引き金になるので要注意です。